さいたま市にある小児科専門医院

権田医院

  • お気軽にご相談ください

    0488315427

  • ご予約についてはこちら
  • image
  • image
  • image
  • image
誠心誠意をモットーとし、一人ひとりを我が子のように診療を行っています

icon 院長ブログ

記事一覧はこちら

new! 2017.12.28

今シーズン( 2017~2018)のさいたま市におけるインフルエンザについて(H29.12.28現在)

さいたま市では11月下旬から流行期に入り、12月になって学級閉鎖も多くみられるようになりました。

12月におけるインフルエンザ罹患者数はさいたま市の統計からも2014~2015シーズン以来、3年ぶりに多くなっています。

A型インフルエンザとB型インフルエンザが流行期早期より混在するのは珍しく、今シーズンの特徴です。

当院の患者さんのインフルエンザウイルスの遺伝子検査(PCR検査)では、すべて、A型はAH1pdm09、B型はB山形系統です。さいたま市や国立感染症研究所の発表された結果を見てもこの遺伝子系ウイルスが多いようです。

施設によって、A型とB型の流行がまちまちで、現在はB型インフルエンザに罹患した患者さんの方が多いようです。昨日も、同一家族兄弟で今週、兄がA型で弟がB型に罹患した家族が受診されました。このような状況は時々、みられますが今年はAとBの混在流行なので、今後、同様な感染パターンの家族が出てくるかもしれません。

現在、当院を受診された患者さんで重篤な合併症がおこり入院された方がいないことが少しほっとしているところです。

H29.12.28

 

image

当院では感染防止のため、感染症をお持ちのお子さま、生後3ヶ月未満のお子さまは、別室にてお待ちいただいております。
お車で来られた方は、お車でお待ちいただくことも可能です。
スタッフがご案内いたしますので、事前にお電話にてお問い合わせいただくか、保護者の方のみで1度受付までお越しください。

当院について

About us

医療法人権田医院は、地域に根付いた
小児科専門のクリニックです。
本音で皆さまと向き合うことを信条としています。

院長挨拶詳しくはこちら

こんにちは。権田医院院長の権田隆明です。
早いもので小児科医になって34年。3代目として、先代の父から権田医院を引き継いで、20年以上たちました。小さい頃から診ていた子どもが親となり、2世代にわたって診る機会も増えてきました。長年に渡って権田医院を頼ってくださる方々がたくさんいらっしゃるのは、本当に嬉しいことです。時代は変わっても、大切な子どもたちの健康を守る小児科医の責務は変わることはありません。安心して通っていただける「かかりつけ医」として、当院がどのような想いで日々、お子さま、ご両親と向き合っているのかを、このページでお話ししたいと思います。

image
image

クリニック案内詳しくはこちら

権田医院は、地域に根付いた小児科専門のクリニックです。大正7年に初代院長 権田隆亮が澄心堂医院(内科)を東京九段にて開設、昭和26年北浦和にて二代目院長 権田隆茂が権田小児科医院を開設、平成4年に、権田医院へ改称をしました。その際、現院長が引き継ぎ現在に至ります。なお、平成7年より法人化し、医療法人権田医院となりました。当院は三世代で診療を続けており、これからも、地元住民の皆さまをはじめ、たくさんの患者さまのホームドクターになれるよう日々精進してまいります。無料でご利用いただける駐車場(専用15台分/契約8台分)や、近隣の方が来院しやすいように駐輪場もご用意しております。何かご不安なことがありましたら、スタッフにお気軽にお尋ねください。

image

気になるお子さまの症状について

Symptom

小児は多くの病気に対して免疫を持っていないため、発病しやすく、
その防衛反応として様々な症状が現れます。
そんな時は慌てず冷静に対処し、ご相談ください。

image

発熱

小児科で、救急外来を受診される症状で一番多いのが、発熱です。ご家族は発熱自体を怖がり、高熱の場合、脳に障害をきたすのではないかと心配されます。親御さんであれば、高熱を心配するのは当然です。小児科医は発熱の原因について、速やかに明らかにし、ご家族の不安を解消しなければなりません。

詳しくはこちら

image

咳の多くは風邪等のウイルス感染でおこる上気道の炎症に伴うものです。生後6ヶ月未満の乳児の咳や呼吸状態が急に悪くなるような、また、頻回で眠れないほどの強い咳は注意が必要です。そのような咳は必ず、早い時期に医療機関での受診をお勧めします。
 

詳しくはこちら

image

下痢

小児の下痢は多くの原因で発症します。大部分は感染症でウイルス感染によるものですが、まれに細菌感染が原因の場合があります。下痢が発症したら医療機関を受診され、原因を年齢・季節・流行・家族の発症の有無・食事内容(食中毒・食物アレルギー)・抗生物質の使用・海外渡航などについての検討してもらい診断されてから、食事療法を中心とした治療を受けましょう。

詳しくはこちら

image

嘔吐

嘔吐の原因は年齢により異なります。よくある嘔吐は新生児期からの初期嘔吐、乳児期では空気を多く飲み込む・食道からの胃の部分の未発達・過食・便秘・せき込み・強く泣く・腹部圧迫・胃腸炎や上気道炎に伴うもの、幼児期以降では胃腸炎・咳・神経質あるいは習慣性嘔吐・乗り物酔い・便秘・アセトン血性嘔吐症に伴うものなどがあります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る